どの国でも避妊をするカップルはいます。それに日本と違いセックス誘ってくる外国人も多いようです。「今日君を抱きたいんだ」なんて目を見つめて優しく愛撫してくるのだとか。恐るべし外国人!という感じですね。日本人では引いてしまいそうな話ですが、海外男性がいうとなんだか呑まれてしまいそうな気もします…
ですがそこで問題になってくるのが避妊です。日本では男性がコンドームを装着する避妊が一般的です。しかし、海外ではコンドームよりもアフターピルなどのピルの服用や子宮内に避妊具を取り付ける女性もいるのだとか。
世界的に見て日本は圧倒的にコンドームの需要率が高い国だそうです。

世界の避妊法

ピル日本ではコンドームが避妊として多く使われているようです。
では海外はどんな避妊方法で避妊をしているのでしょうか。やはり多いのはアフターピルを使った避妊のようです。海外では手軽に入ることから、日本のコンドームのように多くの女性が使っているようです。
他にも女性が避妊手術をうける国も多く、中国では一人っ子政策もあって一人出産したら避妊手術をしてしまう女性が多いようです。
その他に、韓国やイギリスは男性が避妊手術をうける割合が女性のピル服用率よりも高いようです。
韓国やイギリスは女性に対してとても優しい国としても知られている影響もあるのでしょうか…?

ですがやはり圧倒的に見てもアフターピルを使った避妊率が高いことが分かります。
近年は日本でもアフターピルを服用する人も増えてきましたよね。そして私もアフターピルを愛用している一人です。病院では高額でお金がもったいないこともあって私はアフターピルであるアイピルを通販で買った方が安いので、病院ではなく通販を利用しています。

また、より確実な避妊法には「低用量ピルの毎日の服用」もあります。そうすることで排卵を抑制出来るので、服用している間は受精自体しない状況を作り出せるのです。そのためにも、低用量ピルの効果がいつから出るのか等を知って自らを守りましょう。